有问题,请联系我哦! | TAG标签 | 设为首页 | 加为收藏 | 网站地图 | 会员中心
| 登 陆 | 注 册

当前位置:我爱小语种>日语>日语娱乐>日本文化>文章内容

日本文化:你可能不知道的纳豆知识

发布: 2012-03-22 17:06 | 来源:我爱小语种学习网 | 编辑:随心 | 查看: 次 |

     


 

      日本人のソウルフードと言っても過言ではない納豆。好きな人はとことん好きな食品でもあるが、いくら好きだからといっても「納豆のこと、どこまで知ってる?」と問われれば、「ねばねばしてて、栄養があって...」と口をゴニョゴニョしてしまう人も多いのではないだろうか。納豆の"マメ"知識について、納豆好きによる私設サイト「納豆学会」を運営する三井田孝欧さんに話を聞いた。

      将纳豆称之为日本人的灵魂食物一点都不为过。虽然喜欢纳豆的人喜欢得彻头彻尾,但是不管怎么喜欢纳豆,当问到“关于纳豆,到底了解哪些知识?”时,大多数人都含含糊糊地说:“粘糊糊的,很有营养···”关于纳豆的小知识,我们向因为喜欢纳豆而建立起个人网站“纳豆学会”的三井田孝欧先生进行了询问。

 

 

■関西人の納豆嫌いはウソ?
■关西人不喜欢纳豆是假的?

      「関西の方は一般的に納豆嫌いが多いとされていますが、そんなことはありません。納豆売りは京都が発祥であり、また納豆自体も京北地方でよくつくられていたという言い伝えがあります」(三井田さん、以下同)

      “人们都觉得关西人一般比较讨厌纳豆,其实没有那回事。销售纳豆的发祥地在京都,而且有种说法是纳豆通常是在京北制成的。”(三井田先生,下同)

 

      確かに、関西人は納豆嫌いな人が多いものだと思っていた。そういえば平城京遷都は710年で、ナットウの年だったし...。

      确实,很多关西人都讨厌纳豆。这么说来,平成京迁都的710年,也是ナットウ年···。

 

■聖徳太子が造った納豆は塩辛納豆?
■圣德太子制作的纳豆是豆豉纳豆?

      「聖徳太子が納豆を造ったという伝説が滋賀県湖東町横溝にありますが、塩辛納豆であったという説が有力です。南北朝時代の光厳法皇が丹波山国の常照皇寺に滞在中に納豆を造ったという伝説があります。『法皇様の納豆』、『鳳栖(ほうせい)納豆』と呼ばれたそうです」

      在滋贺县湖东市横沟有圣德太子制作纳豆的传说。其中最有说服力的要数制作豆豉纳豆(塩辛纳豆相当于中国的豆豉)的传说了。还有一个传说是南北朝时代的光严法皇停留在丹波山国的常照皇寺时制作了纳豆。被称为‘法皇大人的纳豆’、‘凤栖纳豆’”。

 

      聖徳太子は「何人もの話を一度に聞き分けて各々にアドバイスをした」と聞くがこれは初耳。日本人なら、これは知らネバならない?

      “当问到“圣德太子是否可以同时听几个人说话,然后分别给与意见”时,三井田先生却说是第一次听到这个。如果是日本人的话,这个故事不是必须知道的吗?

 

■納豆と豆腐は名前が逆?
■纳豆和豆腐的名字反了?

      「これは納豆学会のサイト内にもありますが、たまに寄せられる質問のなかで『豆腐と納豆は名前が逆なのでは?』というものがあります。でも、それは違います。豆腐の発祥である中国でも同じ漢字をあてます。『腐』という字には腐るという意味はなく、ブヨブヨしたものという意味があるのです。一方、納豆はお寺の台所、つまり納所でつくられた豆だから納豆なのです」

      “‘豆腐和纳豆的名字反了吗?’,这个问题是在纳豆学会的网站上找到的,偶尔也会出现在咨询中。但是,这个说法是错的。在豆腐的发祥地中国也写成相同的汉字,但是‘腐’字没有腐烂的意思,而是柔软的意思。另一方面,纳豆是在寺院的厨房,也就是米谷金钱出纳处制作出来的豆子,所以叫做纳豆。”

 

      これには目からウロコ!これは個人的な話だが、筆者は以前、ドヤ顔しながら友人に「納豆と豆腐は実は名前が逆なんだよ~」と語られたことがある。今はその友人を張り倒したい気分だ。

      这个是否让你很吃惊呢!这个虽然是个人的经历,以前有位朋友曾经得意洋洋地向笔者说:“纳豆和豆腐其实名字反了~”。现在有种想将这个朋友打到的冲动。

顶一下
(0)
0%
踩一下
(0)
0%
发表评论
请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
评价:
表情:
用户名: 验证码:点击我更换图片

相关文章

精彩推荐

日语学习资料

简介:日语爱好者们,加油!相信你们一定能把日语学好!!!

热门排行榜TOP

本周TOP10